銀行融資

2019/02/28

銀行融資の流れ 注意点と重要ポイント

はじめに

会社を経営している方であれば事業を滞りなく展開し成長させていくためにも、日頃からの資金調達はかかせません。資金調達の方法として知られるものにはいくつか種類がありますが、中でも有名な方法であるのが銀行融資です。銀行融資は好条件でお金が借りられる分、審査の条件が厳しいことで有名です。ただ中小企業であっても銀行融資を利用することはできますし、その大まかな流れについて事前に知っておくことで銀行融資への対策をとりやすくなります。
この記事では銀行融資の主な流れを解説し、その際の注意点と重要ポイントについても触れてみました。これまで銀行融資を利用したことのない会社でも一度検討してみるだけの価値はあるので、この記事を参考にして最低限の知識を身につけてみてはいかがでしょうか。

1.銀行融資の主な流れ

この章ではまず銀行融資の主な流れについて解説します。銀行融資はその審査を銀行職員が行うため、手順も時間もそれなりにかかってきます。それでは具体的にどのような順序を辿るのでしょうか。

1-1.銀行の窓口で申し込む

銀行融資を利用するためにはまず銀行の窓口にて、銀行融資に関する申し込みを済ませなければなりません。申し込む場合には事前に用意しておく書類を持参することで、手続きをよりスムーズに済ませることができます。
個人事業主か法人の経営者かでも提出書類が微妙に異なりますが、どちらにも共通する書類としては以下のようなものがあります。

・決算書類(できれば3期分)
・資金繰り表
・資金使途を明確にする資料

この他にも例えば設備投資を希望する場合であれば、その設備の売買契約書の写しが必要になります。また例えば新規事業を立ち上げる際の準備資金が必要な場合であれば、新規事業の事業計画書を別途用意しなければなりません。
銀行側としても融資を希望する会社がどのような用途で資金を利用したがっているのか、また融資を受けた場合には返済できる目処が立つのかなど、万一のリスクを回避する意味でも細かい情報まで得ようとしてきます。提出書類については余白が多くならないよう、なるべく多くの情報を記入しておくといいでしょう。

1-2.書類審査が行われる

申し込み時に必要書類を提出し終えると、次に行われるのが書類審査です。例えば融資担当者との面談があった場合には、以下のような順序で審査が進んでいきます。

①融資担当者
②融資係長
③次長
④支店長

提出書類の内容に不備があったり面談時に何らかの懸念を抱かれなければ、基本的には支店長の時点で融資が決裁されます。ただし支店長を通過して本部にまで書類審査が回されてしまうと時間がかなりかかってしまいます。
書類審査が早く終わるかどうかの基準としては、融資担当者が「審査がスムーズに進みそうである」旨を経営者であるあなたに伝えてきた場合は、支店長決裁でより短期間で済まされることが多い傾向にあります。また仮に審査落ちしてしまった場合には何故審査を通過できなかったのか、この点について銀行側が理由を明かすことはありません。そのため審査落ちしてしまう会社は銀行融資の審査で連続して審査落ちしてしまうことも実際によくあります。

1-3.融資が実施される

書類審査を通過できたらいよいよ契約が結ばれ融資が実行される段階になります。ただここで注意してほしいのが契約書の内容についてです。融資が可決されたからといって契約書の内容に目を通さないままサインしてしまうと、もしかしたら希望通りの内容ではない条件での契約を交わしてしまうこともないとは言い切れません。
銀行側が故意に条件の変更をするとは言いませんが、書類の作成上で内容を誤って記入してしまう可能性は考えられます。契約書を交わす際にはその内容全てに目を通してから、合意の上で契約を交わすように心がけましょう。また契約書は2部作成されるので、1部は自分の会社できちんと保管することを忘れないようにしましょう。

銀行融資を受けるまでの流れとしては上記の通りですが、平均的には1ヶ月程度審査に時間がかかると思っておいてください。もちろん得意先として銀行融資を希望した場合ではもう少し時間が短縮されますが、信頼関係を構築していない銀行との新規融資ではそれもまず見込めないので時間に余裕を持って申し込むようにしましょう。
次章では銀行融資の注意点について紹介していきます。

2.銀行融資の注意点とは

銀行融資そのものの流れは前述しましたが、この章ではより細かな部分での注意点について紹介しておきます。

2-1.担保があれば融資可能は間違い

一昔前であれば人的もしくは物的担保を用意することで融資が可決される可能性は飛躍的に高くなっていました。しかし昨今では何らかの担保を用意したからといって融資が可決されるということはなく、担保はあくまでも万一のリスク回避のための最終手段としてみなされるようになりました。銀行側は融資を希望する会社の返済能力の有無で融資の可否を判断するようになり、担保は補助的な要素として見るように改められています。
ただ換金性の高い担保であれば銀行側としても好印象であることは確かであり、昔から好まれる担保としては不動産があります。また物的担保を差し出す場合では抵当権登記を融資前に済ませておく必要があり、登記が完了したことを確認できなければ銀行側は融資を絶対に開始しないのでその点だけ注意しましょう。

2-2.信用保証協会の利用を勧められる場合も

会社側が人的ないし物的担保を用意する場合もあれば、銀行側が会社側に対して信用保証協会の利用を勧めてくる場合もあります。この信用保証協会とはあなたの会社側が債務不履行になった際に、その返済額を代理弁済する役割を担ってくれます。
ただ信用保証協会を利用する場合では信用保証協会と銀行の審査とで二重に審査待ちする必要があり、銀行側だけの審査待ちをする場合よりも長く時間がかかってしまいます。また信用保証協会を利用する場合では毎月の返済に加えて信用保証協会の利用料も支払わなければならず、二社に返済するお金を確保できるかどうかもきちんと検討しておく必要があります。

2-3.経営者としての人間性も見られる

書類審査に進む前には融資担当者との面談を挟みますが、銀行側が見るのは会社の返済能力だけではありません。経営者であるあなたの人間性も見ており、信頼に足る経営者であるかどうかを面談時の対応から確認しようとしてきます。
例えば面談時には清潔感のある服装にしておくことで、融資担当者の印象はより好意的なものに傾きます。また面談時に会社の収益の推移や希望金額の妥当性について説明する際に、口頭のみではなくPowerPointのような資料を用意してプレゼンするのもいいでしょう。PowerPointをまとめる時間を惜しむよりも、融資担当者が上役に渡す稟議書をいかに書きやすく情報を提供できるかが重要です。融資担当者を味方につけるにはそうした細かい部分での努力や配慮が必要になってきます。

2-4.融資担当者には情報を偽らない

銀行融資を希望する会社であれば資金繰りが苦しく、どうにかして融資を受けたいと考えるのが実情です。ただ面談時には会社側としてはあまり知られたくない情報についても踏み込んで質問されます。そこで嘘の情報を教えてしまうと提出書類の内容から嘘が露見した際に、融資担当者のあなたへの信頼度が失墜します。
会社にとって不利な情報については隠しておきたい気持ちは分かりますが、虚偽の情報は言わずありのままの情報をきちんと伝えるようにしなければいけません。その情報が会社の弱みであると感じるならばその点をカバーできるだけの強みを併せて伝えることで、融資担当者に経営者としての手腕を感じさせることにもつながります。

また稟議書が作成される際には度々電話でのやり取りもありますが、その時もなるべく正確な情報を簡潔に伝えるようにしましょう。聞かれてもいないことまで答える必要はありませんし、余計なことを喋るとボロが出ることも考えられます。
銀行融資に関する注意点としては上記のようなものがありますが、これを踏まえた上で銀行融資の申し込みを順次進めていくとなお良いです。銀行融資では融資担当者を味方につけられるかどうかが勝負の分かれ目となっているので、誠実な態度の出来る経営者というイメージを演出して信頼を勝ち取るように努力してみましょう。

3.どうしても銀行融資が無理なら

前章までは銀行融資に関する内容を述べてきましたが、ただ会社の経営状態や収益の低さなどの条件によっては審査落ちしてしまうことも実際にあります。そうした場合でも比較的簡単に資金調達する方法として、ビジネスローンが挙げられます。

このビジネスローンであれば銀行融資の場合よりも書類が少なくかつ審査の時間もかからないため、緊急時のつなぎ資金としてはもってこいです。ただし銀行融資よりも金利が割高に設定されているため、短期的な利用が望ましいと言えるでしょう。
また金融機関以外からお金を借りる場合であれば、日本政策金融公庫も候補の一つです。日本政策金融公庫は銀行融資の場合と同じく低金利で利用できますが、審査が厳しいという前提はあります。

特に創業融資を借りる場合であれば事業計画書をいかに綿密に記入できるかで審査の結果が大幅に左右されてきます。事業計画書を一人で作成するのが難しい場合には、創業融資に強い税理士などのプロに相談してみるのも一つの方法です。

まとめ

銀行融資は会社にとって好条件でお金を借りられる反面、銀行側の抱えるリスクが多いのが特徴的です。そのため銀行は万一のリスク回避の意味も込めて審査条件を厳しくし、時には担保を用意することを勧めてきます。
銀行融資を希望する場合には「いくらでもいいからお金を貸してほしい」といった、漠然とした妥協で融資を希望してはいけません。そうなると融資担当者も、「この会社は計画性もなく融資を申し込んだのか」と思いマイナスの印象を抱きやすくなります。銀行融資を真剣に考えるのであればなおさら希望金額を明確にし、その妥当性をきちんと融資担当者に説明しなければなりません。

ここまで読んで、「審査が厳しいことは理解したが、どうしても銀行融資がいい」とお悩みの経営者もいらっしゃるのではないでしょうか? 資金調達マスターでは、多種多様なお悩みにお答えする無料相談サービスを行っています。お申し込み方法も簡単ですので、資金調達についてお悩みの方は無料相談フォームよりお気軽にお問い合わせください。