ファクタリング

2019/01/30

アパレルでの資金調達が難しい原因とその対策とは

はじめに

私たちの日常生活に深く根ざすのが衣食住に関する業界ですが、その中でもとりわけ華やかなイメージがあるのが衣であるアパレル業界です。ただ現実には華やかな世界とはかけ離れており、資金調達がなかなか難しく開業よりも存続して維持し続けることが厳しい業界であると言えます。そんな厳しい現実があるアパレル業界では、どのように資金調達していくべきなのでしょうか。

この記事ではアパレル業界における資金調達の難しさと具体的な資金調達の方法について解説します。記事の後半では資金調達における失敗談も紹介するので、併せてご覧ください。

1.アパレルにおける資金調達とは

この章ではまずアパレルにおける資金調達と題して、アパレル業界ではどのような部分で資金調達が必要とされるのかを解説していきます。

 1-1.アパレルで開業するためには

アパレルと言えば最近では実店舗を構える形で開業する他にも、ネットショップを開設して衣服を取り扱っていくという方法があります。ネットショップのみで経営を考えている場合であれば、開業資金を比較的安く抑えることができますが、問屋からの仕入れを視野に入れたい場合には実店舗が必須とするところが多いことはあらかじめ知っておいた方がいいでしょう。

一般的に実店舗ありきで開業する場合には1,000万円かかるとされており、さらに高級なブランドを取り扱いたい場合であれば1,200万円は必要になるとされています。具体的にはどのような費用が必要になるのでしょうか。

1-2.アパレルの開業資金の内訳

アパレルでは具体的に、以下のような開業資金が必要になるとされています。

①店舗費用

ネットショップのみの場合であれば関係ありませんが、実店舗を構えようとすると店舗を構えるための費用がかかります。不動産を探す際に必要な費用の他にもテナント代や、さらには土地だけを購入した場合であれば建物の建設費などが主にかかってきます。

ここでかなりの費用が要りようになるため、どうしても費用削減したい場合であれば自宅の一部を改築して開業するという方法もあります。

②設備費用

店舗費用が高く付くことは容易に想像できますが、設備費用の点でも割と費用がかさんできます。レジスターやそれを置くテーブルはもちろん、数多くのハンガーやそれを吊るすハンガーラックなどが代表的なものとして挙げられます。

これだけでも割と費用が圧迫されることは予想されるので、もし中古ででも格安で仕入れられるのであればそういった物でカバーするというのも一つの方法です。

③仕入れ費用

魅力的なアパレルブランドの商品を取り揃えるためにも仕入れは不可欠です。あなたが開業したいアパレルのブランドコンセプトを事前に固めてから、衣服やバッグ、靴類などどういった商品を店頭に並べるのか決める必要があります。

ファストファッションを多く取り揃えれば薄利多売という形ででも多少なりと売上を上げられるかもしれません。ただファストファッションだけではリピーターがつきにくいことが想定できるので、ゆくゆくはより高額なブランドも取り扱っていくと良いかもしれません。

④広告費用

アパレル業界に限らず店を開業して経営していくためには広告費用の上手なかけ方が重要です。最近ではSNSを活用することでより多くの人に拡散してもらえるので、上手く活用すれば費用を抑えつつ店の宣伝をすることができます。また自店舗のウェブサイトを作成する以外にも、アフィリエイトを活用して広告で宣伝してくれるサイトを探すこともできます。

1-3.開業後に必要とされる資金とは

開業するだけでも上記のような費用がかかるとされていますが、開業後にも店舗を維持するための費用が追加でかかってきます。例えばその店舗の水光熱費や月々のテナント料、アルバイトを雇う場合であれば求人広告の掲載費や毎月のアルバイト代などが必要となります。

生活資金と店舗経営にかかる費用とが一緒くたになっていてはまずいので、可能ならば開業資金の他にも2〜3ヶ月分程度の維持費用は事前に用意できるといいでしょう。

アパレルで開業して経営していくためにはこれらの資金が要りようになります。ただしその全てを自己資金で賄える方もまずいないと思うので、開業して夢を叶えるためにはその時期に見合った資金調達の方法をその都度実施していく必要があるという訳です。

2.各フェーズの資金調達の方法とは

あなたの会社が発展していくまでには、いくつかの段階を経て成長していくことが望ましいです。会社を設立して経営を安定化させる上では資金調達の適切な方法をその都度選択しなければなりません。

この章では各フェーズの資金調達の方法について、いくつか例を挙げながら紹介していきます。

2-1.創業前

会社を設立する前の段階であれば、銀行融資が利用できる可能性が比較的高いです。これは仮定的な数値に基づき会社の事業計画や希望資金額の妥当性を説明できるためであり、開業した後で資金繰りに苦労している最中に打診するよりかは現実的で望みがあります。ただし月々の返済額を用意できる見込みが低いのであれば、銀行融資を利用するべきではないでしょう。

そうした場合でもなるべく多くのお金が要りようであれば、日本政策金融公庫が実施している新創業融資制度を利用する方がまだ現実的です。銀行でお金を借りる場合と同様に無保証かつ無担保で利用できるだけでなく、低金利である点はあなたにとっての大きなメリットだと言えるでしょう。

ただどうしてもお金を借りる形での資金調達を避けたい場合には、クラウドファンディングによる資金調達が有用です。クラウドファンディングでは不特定多数の支援者から資金を募ることができるため、独自性の高いアイデアと高いアピール力さえあればそれだけで資金調達できる可能性は飛躍的に上がります。

クラウドファンディングの場合では支援者に対するリターンを何にするか考える必要はありますが、リターン次第ではリピーター作りにも役立ちます。

2-2.創業後

仮にあなたが設立したい会社がアパレルブランドの製作に携わるようなものであれば、緊急時のつなぎ資金確保のためにファクタリングを利用することができます。掛金での取引が前提であるからこそ商品を製作したその月に収入が入ることはまずないので、資金源が枯渇しやすいという特徴があります。そのため売掛債権を売却することで短期間のうちに資金調達をして、資金繰りを改善することも時として必要でしょう。

ファクタリング以外であれば、創業前と同様にクラウドファンディングを利用するという選択肢もあります。またアパレルでは在庫処分を数多く抱えやすいという特徴があるため、在庫をセール品として売却したり経費の一部を削減することでも多少なりと資金調達することができます。

アパレル業界では収入にムラが出ることが予想されるため、資金調達をしながらもなるべく多くのリピーターを作ることが重要になってきます。そのためには資金調達とともに自社のことを同時に宣伝もできるクラウドファンディングが最も使い勝手が良く、有益な資金調達の方法であると言えるでしょう。

不定期な収益で店を経営している場合には、融資や借入のような方法では店の資金繰りを圧迫してしまう恐れもあります。そういった部分まで視野に入れてお金を借りてもなお安定的な経営ができるかどうか、慎重に判断することをおすすめします。

3.アパレルでの資金調達の失敗談

どの業界についても言えることですが、経営者が良かれと思いしたことでも結果的に資金調達を失敗へと導いてしまうことがしばしばあります。この章では最後に、アパレル業界で散見される資金調達の失敗談についていくつか紹介しておきます。

3-1.隠れ在庫のせいで融資してもらえない

前述したようにアパレルでは在庫を数多く抱えやすいという特徴がありますが、衣服の価値にはその時々の流行が密接に関係しています。そのため在庫を長期間抱えるだけでも衣服の資産価値が目減りしてしまうリスクがあり、その流行が廃れた後では資産価値がゼロになってしまう商品というのも割と少なくありません。そうした資産価値のない在庫を多く抱えれば経営はもちろん赤字へと傾きますし、仮に融資によって資金調達したい場合であっても赤字経営の状態では望み薄です。

一部の会社では適正に棚卸評価をせずに隠れ在庫を秘密裏に抱えている場合があり、こうすることで一時的には赤字経営である実態を隠ぺいすることもできます。ただ不正を働けばいずれはばれるリスクがあり、こうした隠れ在庫があることが露見してしまえば融資で資金調達することはまず無理でしょう。

3-2.ネットショップにかかる費用を理解していなかった

厳密には資金調達と関係ありませんが、アパレルに関連することなので紹介しておきます。アパレルでも必ず利用することになるネットショップですが、支払わなければならないものとして固定費以外にも変動費があることをご存知でしょうか。

ネットショップでは仕入れる商品の費用はもちろん、その商品の仕入れにかかる税金や梱包材の費用なども併せてかかってきます。ネットショップの売上が少ない時期であればそれほど気になりませんが、ネットショップの売上が多い時期ともなるとその変動費はかなりかさんできます。そのため固定費と合わせるとかなりの金額になってしまうことがあり、ネットショップを経営するのであればその点も含めて収益を上げる努力をしなければなりません。

アパレルの業界では資金調達が難しい側面もありますが、それと同時に収益を安定的に上げることが難しい部分があります。そのためネットショップを利用することもそうですが、いかにリピーター作りをしていくかが重要になってきます。

まとめ

今回はアパレルでの資金調達が難しいことを解説しましたが、資金調達と宣伝とを兼ね合わせられるのがクラウドファンディングです。クラウドファンディングであれば魅力的なPR方法やリターンを用意できれば実績がない会社でも資金調達が可能です。

興味のある方は一度クラウドファンディングについて調べてみてはいかがでしょうか。

資金調達の方法はクラウドファンディング以外にもさまざまですが、企業のおかれているフェーズや時期的なタイミング、業種、企業の規模など、多くの条件が最適な方法を選べるか否かに関わってきます。

自社が各条件でどれに当てはまるのか、はっきりと答えられない経営者のために、資金調達マスターでは無料でご相談を受け付けています。

資金調達の方法だけでなく、それぞれの調達方法に適した弁護士、税理士、社労士のご紹介も可能ですので、まずはフォームよりお問い合わせください。