ファクタリング

2018/03/15

企業の行える資金調達ファクタリング、その仕組みは?

 

はじめに

日本の企業は古くから信用を重視した商取引が慣行となっていました。金融機関が取引先と預金取引、融資取引を行なう事を「受信取引・与信取引」と言います。その名の通り、お金を預かる事を信用を受ける、お金を貸し出すことを信用を与えると表現したことが語源です。一般の商取引においても、信用の上に成り立つ商法として「掛け」取引があります。商品を販売する時や仕入れる時に、代金と引換で行うのではなく、一定の期限を設け後日決済する方法です。「掛け」取引に代表されるのが売掛金、買掛金であり、いわゆる売上債権、仕入債権に分類され、貸借対照表上では流動資産・流動負債に分類されます。

この流動的な債権を利用し、資金調達の新しい方法として注目されているのが「ファクタリング」です。詳しくは次章を見ていきましょう。

 

一章:そもそもファクタリングとは

ファクタリングとは、企業の持つ売上債権をファクタリング会社へ売却する事で回収期日まで待つことなく、早期に資金化する方法です。金融のIT化が進むまでは、売掛金を帳面で管理する事が一般的で、早めに資金化する場合は受取手形を金融機関や手形買取業者へ売却する事で資金化しておりました。これを「手形割引」と呼びます。短期運転資金の調達としては最もポピュラーな方法で非常に広く普及しておりましたが、ペーパーレスの流れや手形取引の減少、電子債権取引(でんさい)の普及により、現在ではピーク時の

10分の1程度の利用度となっていると言われています。代わって新たな資金調達として注目されているのがファクタリングです。では一体、ファクタリングはどの様な仕組みで資金化が行われるのでしょうか。

1-1 ファクタリングは売掛金を売る?

ファクタリング会社は顧客と契約を結び(契約先)、顧客が回収するはずの売掛金を買い取り、キャッシュを支払います。このことにより、契約先は回収サイトが長期である売掛金を早期に資金化する事が可能となります。売掛金の回収は取引形態によって違いますが、ファクタリング会社が直接売掛先へ請求し回収する場合と、通常通り契約先が売掛先に請求する場合があります(3社間取引・2社間取引)。いずれの場合も、ファクタリング会社は契約先の売掛債権を買い、手数料や割引料を差し引いてから契約先へ入金します。売掛先からすれば、売掛金を売っている形となります。

1-2 ファクタリングに適した企業とは

ファクタリングは普及しており、ファクタリング会社も多数存在します。企業によって手数料や割引料の差や利便性といった違いはあるので、選択する方は色々な角度で見定め、選定する事が重要であると言えますが、逆に選ぶ方はどの様な企業がいいのでしょうか。

言い方を変えれば、ファクタリングに適した企業とはどの様な企業を指すのでしょうか。

まず一つ目は、銀行等金融機関に融資を断られてしまった企業が挙げられます。金融機関の融資審査は決算書等の財務諸表を細かく審査され、時間も要します。その挙句見送りになる場合も多くあります。日本の金融機関は現在でこそ担保・保証に依存しない融資支援を行なうという風潮になりつつありますが、実務上は担保や保証の依存度は高いままです。

その様な資産背景がない個人事業主や中小零細企業は金融機関の融資審査のハードルが高く、思う様に資金調達ができない例も多くあります。ファクタリングは自社の信用度より、「売掛先の企業」の信用度を重視する為、自社で融資を受けられなかった場合でも利用できます。

二つ目は、支払いサイトが長期の売掛先が多い企業が挙げられます「掛け」取引において、月末締めの翌々10日払いで資金化するのは商取引発生後40日経過してからというのはよくあることで、サイトが長い企業はもっと長く半年間ほど資金化されないという例もよくあります。その様な取引先が多いと資金繰りもタイトになる為、そういう企業はファクタリングに適していると言えます。

三つ目は、メインバンク等、金融機関の取引先に分からない様に資金調達をしたいという企業に適しています。決算書等の財務諸表の表面上、ファクタリングは上がってきません。短期的に資金調達を繰り返していると知られた場合、資金繰りに余裕がないと思われかねません。ファクタリングはスピーディにかつスムーズに資金調達が可能なので、そういった企業に適しているものと思われます。

 

1-3 ファクタリングは融資ではないの?

融資という言葉は日常生活でも良く聞きます。住宅ローン、教育ローン、カードローン…これらは銀行等金融機関からお金を融通してもらっている、まさに「融資」を受けている状態です。融資とは広くは「お金を融通してもらう」という意味ですが、金融取引において融資はいくつかの形式があり、その形式に準じて契約を行ないます。最も一般的な形態が「証書貸付」という融資形態です。ローンを借入する時、債権者と債務者が金銭消費貸借契約を結び、その証書に記載された条件で融資を受ける事となります。その他、「手形貸付」、「割引手形」、「当座貸越」、「外国為替」、「ディリバティブ」等、様々な形態が挙げられますが、ファクタリングはこの融資形態には属しません。なぜなら融資ではないからです。ファクタリングはあくまでも売掛債権を資金化する手法であり、融資ではありません。

 

二章:ファクタリングのメリット・デメリット

銀行等金融機関の融資は審査に時間がかかり、担保・保証等の条件も厳しいけど、信頼できる金融機関のお金なので安心…という風に、資金調達においてどの方法も良し悪しがあります。ファクタリングも同様に、メリット・デメリットがあるので見ていきましょう。

 

2-1 ファクタリングのメリット

ファクタリングは前述の通り、スピーディかつスムーズに資金調達できるのが最大のメリットです。売掛金の回収サイトは短いのもあれば長いのもあるのが一般的です。長期未回収の売掛金をファクタリングにより早期資金化すると資金繰り良化に繋がりますし、期日がバラバラの未回収売掛金が多数あれば経理の管理も煩雑になります。

ファクタリングを行ない、自社のペースで資金化する事で効率化が図れます。また、売掛先が業況悪化により、万が一倒産した場合でもファクタリング会社から資金を調達している為、貸倒によるリスクを回避することができます。特に大口の売掛金を長期間未回収の状態にしておけばその分資金繰りも悪化し、最終的に未回収に終われば致命的なダメージを受ける場合もあります。最悪は連鎖倒産といった事態も想定されます。そういったリスクヘッジの為に、ファクタリングを利用し早期資金化する事が企業にとって大きなメリットであると言えます。

 

2-2 ファクタリングのデメリット

デメリットとしては、手数料や割引料がかかる事です。ファクタリング会社は増加基調であり、中には非常に高値の手数料を要求する様な会社もあります。契約する前に、内容をよく把握する事が重要です。またファクタリングの形式によって手数料が違ってきます。ファクタリングは「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」という2つの形式に分けらますが、2社間ファクタリングはファクタリング会社と顧客が直接売掛金の売買契約を結び、売掛先に対しては一切通知せず、信用調査のみ行う形式の事を指します。売掛金の回収は顧客が直接売掛先から回収し、ファクタリング会社へ引き渡す取引となります。こちらの手法は一般的に手数料が高いと言われています。

3社間ファクタリングはファクタリング会社と顧客が売掛金の売買契約を結ぶ所までは2社間と同様ですが、売掛先への対応が異なります。ファクタリング会社は売掛先と売掛金買取契約を結びます。また顧客とファクタリング会社が売掛先に対してファクタリングを利用する事を通知し、ファクタリング会社が売掛債権を買い取ります。3社間取引は売掛先に対してファクタリング会社が直接関わる為、売掛債権の現金化がより早くなります。回収の場合は、売掛先はファクタリング会社へ直接入金を行い、顧客は期日管理の手間も省けます。素早く現金化ができる点と、2社間より手数料が安い点がメリットと言えます。デメリットは売掛先(顧客にとっての取引先)に債権を譲渡するという旨の通知が行われる点です。通知が行われる事により、売掛先に「この会社は資金的に余裕がないのではないか」というマイナスイメージを与える可能性があります。

まとめとして、ファクタリングを行なう事自体のメリットは迅速かつ効率的に資金を調達できる事で、デメリットは手数料の負担や第三者に通知がいく事でイメージが悪化する恐れがある事です。またファクタリングの手法として「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」が挙げられ、それぞれのメリット・デメリットは、「2社間ファクタリング」は手数料が高いが売掛先に通知が行きません。

「3社間ファクタリング」は資金化が早く管理しやすい反面、売掛先とも契約を結ぶ為、取引先の印象を悪くする可能性があります。いずれもメリット・デメリットがあるので、売掛先や取引先の事業内容等を勘案し、どちらが適しているか判断する必要があります。