銀行融資

2019/01/02

運送業で銀行融資を活用するススメ

はじめに

さまざまな業種の経営者の方が資金調達に頭を悩ませるものですが、運送業もまたその中の一つです。運送業は他の業種よりも設備投資にお金がかかり、業務用で使用する車両も減価償却で都度購入しなければなりません。収益が十分に見込める業種であれば銀行融資の審査を通過するのも容易ですが、運送業ともなると銀行融資を受けるのがなかなか難しいのが現状です。

この記事では運送業で銀行融資を活用するために意識すべき点や、面談時に注意しておきたいポイントについて解説します。記事の後半では運送業の経営者が利用しやすい資金調達についても併せて解説します。競争が激しく比較的融資を受けにくいと考えられる運送業では、どのような点に注意して銀行融資を検討すればいいのでしょうか。

1.運送業が抱かれやすい印象とは

運送業以外の場合についても言えることですが、銀行融資を検討する際にはまず銀行の融資担当者が自分の会社のことをどのように判断するか知るべきです。この章ではまず運送業が一般的に抱かれやすい印象について、順に紹介していきます。

1-1.収益が上がりにくい

トラックなどの車両を用いる運送業は、一昔前までは規制が厳しく業者の数もごく一部に限られていました。しかし近年の規制緩和により運送業に参入する業者が増え、業者間での競争が激しくなっています。ただ業者が増えて競争が激化したところで依頼主が支払うべき料金を高騰させることは難しく、結局のところは収益が上がりにくい部分があります。

1-2.環境配慮の影響でコストがかさみやすい

環境汚染や地球温暖化への影響も懸念され、今後はますます環境への配慮を余儀なくされることが予想されます。環境配慮のための排ガス規制が厳しくなればその分排ガス対策へのコストがかさみやすく、収益が確保しにくい状況に拍車がかかると考えられます。

1-3.法令遵守への対応が厳しくなっている

近年では運送業に限らず法令遵守の気風が高まっています。運送業関連で言えば飲酒運転の他にも、荷物の過積載や駐車違反の取締り強化などが求められているのが現状です。銀行側としても、法令遵守している会社でなければ融資の承認が下りないのも当然の話と言えるでしょう。

1-4.設備費用の負担が大きい

運送業では荷物を輸送するトラックなどの車両の他にも、物流基地や倉庫といった設備費用が大きくかさんできます。

上記の内容でも前述したように設備費用がかさんでくることもあり、運送業では収益が圧迫されやすい状況であることがお分かりいただけるかと思います。銀行側としても収益が十分ではないと判断される会社に対しての融資は慎重にならざるを得ません。運送業の状況が厳しいというイメージはありますが、あなたの会社が収益を確実に上げられていると書類で確認できれば融資の審査でも有利に話を進められます。

こうした銀行側が抱きやすいイメージを確認したところで、次章では銀行融資を申請する際の注意点について解説していきます。

2.銀行融資を申請する際の注意点とは

運送業は収益が上がりにくい業種であると思われがちなことは前述しました。ただそういった印象が持たれがちではあるものの、銀行融資の申請に際してはより一層の注意を払わなければなりません。

前章の話を踏まえた上で、この章では銀行融資を申請する際の注意点について解説します。

2-1.所用運転資金をきちんと把握する

銀行融資の申請の時になると銀行側は、まず貸借対照表の中から「所用運転資金」を算出しようとします。この所用運転資金とは以下の計算式で算出することができます。

所用運転資金=売掛金+受取手形+在庫-支払手形-買掛金

所用運転資金を把握しておくことで、銀行側は会社が申請する借入希望額の返済可能性を探りやすくなります。この計算式を知っておけば会社側でもいくら程度までであれば借りられそうかを概算ではありますが把握することができます。

2-2.車両の減価償却費は別にして考える

運送業では設備費用がかさむことを前述しましたが、銀行融資を希望する際にも設備費用としての用途で申請されることが多くなってきます。設備費用に関するお金の融資であれば、銀行側はその会社の当期利益を中心に返済能力の有無を確認することになります。

ただ審査自体には当期利益も含めて車両などの減価償却費まで加算されていますが、返済能力に関して見る際にはこの減価償却費は別にして考えられます。この車両などにかかる減価償却費は定期的に買い替えが必要となることは目に見えています。そのため減価償却費は銀行融資の返済分に充てられると考えるよりは、車両などを再度買い替える資金に充てられると想定した方が無難と言えます。

2-3.所用運転資金との兼ね合いで融資額を決定する

前項で銀行融資の申請に際しては、所用運転資金をまず算出することを述べました。仮に所用運転資金の金額以内で希望する融資額を決定すれば、銀行側としてもまだ返済できる可能性が高いと判断しやすくなります。

また所用運転資金を上回る金額で融資を申請するとなると話は別です。この時に会社の収益が上がっており黒字が安定的に出ていれば、銀行としても増益による運転資金の追加であることが判明するため融資についても積極的に検討してもらえるはずです。ただし所用運転資金を上回る金額を希望しているにもかかわらず会社の業績が低迷している場合では、運転資金という名目で借りてそれ以外の別の用途で資金を利用するのではないかと推測されます。業績が芳しくない状況で多額の融資を希望するとなると、やはり銀行側としても慎重にならざるを得ません。可能であれば所用運転資金との兼ね合いで、融資額を決定するように心がけるといいでしょう。

銀行融資の申請の際にはこれらの点に注意しつつ、なるべく融資してもらえるように条件を調整することが大切です。銀行融資で希望する金額を重視して申請することも大切ではありますが、融資を受ける中で信頼関係を築いてゆくゆくは追加融資でさらに高額での資金調達につなげることもできるかもしれません。そういった点も視野に入れて融資の条件を決定していくといいでしょう。

次章では銀行融資で重視される、面談時のポイントについても解説していきます。

3.銀行融資の面談時のポイントとは

銀行融資では書類審査以外に重視されるポイントがもう一つあります。それが融資担当者との面談です。この章では面談時で注意しておきたいポイントについて解説します。

3-1.提出書類の内容を入念にチェックしておく

銀行の審査時に必要な提出書類としては、基本的に以下のようになります。

 

・本人確認書類

・損益計算書

・貸借対照表

・事業計画書

・資金繰り表

・登記簿謄本

・印鑑証明書

・納税証明書

・借入申込書

・試算表

 

これらの提出書類の内容にアラがあると、銀行の融資担当者も信頼できない会社であるという判断を下すことになりかねません。融資担当者からの信頼を勝ち取るためにも、銀行側に提出する書類は内容を入念に作り込んでおくことが重要です。また時間があれば提出書類の内容を読み込んでおき、会社の情報を正確に把握しておいた方が面談時の質問に答えやすくなります。

3-2.当日は清潔な服装で臨む

運送業であれば会社指定のユニフォームを着る機会の方が多いでしょうが、面談当日はスーツのような清潔な服装で臨むとより印象が良くなります。ユニフォームで行くこと自体を否定する訳ではありませんが、正装だとそれだけ融資に真剣にだと視覚的に訴えることにも役立ちます。

3-3.誠実な対応を心がける

融資担当者は書類の内容ももちろん細かくチェックしていますが、その上で重視しているのが経営者の人柄です。誠実な対応を面談中に心がけることで、融資担当者の印象を良くすることができます。

誠実な対応と聞くとあまりピンと来ないかもしれませんが、例えば自分が把握していない書類上の数値について質問されたとします。その時に手持ちの書類を確認して答えられれば特に問題ありませんが、場合によっては確認できない情報というのもあるかもしれません。そうした場合であれば、後日調べてから電話連絡する方が根拠もない情報を伝えてしまうよりはよほど誠実と言えます。

銀行融資の面談時ではこういったポイントに注意することで、銀行の融資担当者からの信頼を勝ち取りやすくなります。次章では銀行融資以外でも利用しやすい資金調達の方法について解説していきます。

4.運送業が利用しやすい資金調達の方法

運送業であっても注意すべきポイントさえ気をつけておけば、銀行から融資を受けられる可能性があることを解説してきました。この章では最後に運送業が利用しやすい資金調達の方法について紹介しておきます。

4-1.ファクタリング

運送業では掛金による支払いが多くなりがちで、不測の出費が重なってしまうと運転資金がショートしてしまう事態にもなりかねません。そうした場合であっても売掛債権を所有している時には、ファクタリングで資金調達することができます。

ファクタリングであれば支払いが済んでいない売掛債権をファクタリング会社に売却する形で、1〜2ヶ月先に支払い予定のお金を受け取ることができます。ただファクタリングでは手数料がいくらかとられるため、満額では入らないのでその点だけ注意が必要です。短期間で資金調達できるので、緊急時のつなぎ資金を得るためであればファクタリングは重宝するかもしれません。

4-2.日本政策金融公庫

銀行から信頼を得られていない状況では、プロパー融資を利用することはなかなか難しくなってきます。しかしプロパー融資のように低金利でお金を借りられる方法として、日本政策金融公庫の融資制度があります。

日本政策金融公庫では中小企業を支援することを目的としているため、融資の審査は厳しいものの通過できれば会社としての信頼を向上させることができます。

運送業が利用しやすい資金調達の方法は、銀行融資以外でもいくつかあることを紹介しました。資金調達の方法は一つだけを選択するのではなく、複数を活用することでより効率的に資金調達することができます。

まとめ

収益が上がりにくい現状にある運送業であっても、資金調達ができなければ会社の経営が成り立たなくなってしまいます。これまで資金調達の方法を知らない経営者の方も、これを機に資金調達の方法について改めて知識を深めてみてはいかがでしょうか。

お問い合わせしてみる