その他

2019/05/07

不動産投資のセミナーでおすすめはコレ!収入アップの秘策とは

はじめに

個人投資家に以前から人気のある不動産投資ですが、金融機関から営業をかけられたため不動産投資を始めたという方もいるのではないでしょうか。2020年に東京オリンピックを控え今後も建設業に関しては好景気になることが予想されますが、だからといって不動産投資で失敗して資産を失わないとは限りません。

この記事では「不動産業者の倒産が拡大|原因と対策を伝授」の内容を参考に不動産投資のリスクについて解説し、不動産投資のセミナーのおすすめについて紹介します。

 

1.不動産投資のリスクとは

皆さんはスマートデイズという会社を聞いたことがあるでしょうか。この会社は2001年に創業した不動産会社でしたが、「かぼちゃの馬車」を中心として寄宿型シェアハウスの販売および管理、サブリースで一時期は成功していました。しかしスマートデイズは一世を風靡したにもかかわらず倒産してしまいました。

この章ではスマートデイズの倒産を具体例として、不動産投資がはらむリスクについて解説していきます。

1-1.サブリースの意外なデメリット

スマートデイズはサブリースのビジネスモデルを世に広めた立役者とも言える存在でしたが、スマートデイズが倒産したことによりその他のサブリースを手がける会社もマイナスの営業を受けることになりました。

そもそもサブリースの仕組みについて説明しておくと、まず物件のオーナーが金融機関から融資を受けてスマートデイズのような運営会社が該当する物件を一括で借り上げます。そして各物件のオーナーが家賃収入を元手に融資の返済を行なっていきます。オーナーについては家賃収入を保証されているため、一見すると何のリスクもないように思えます。

しかしこれは勘違いであり、実際にはサブリースにも意外なデメリットがありました。家賃が定期的に更新されることにより借り手が不在となる部屋も当然出て来るのですが、それだけでなく物件の老朽化に伴う改修費用も必要になってきます。それらのデメリットもきついですが、定期的なメンテナンスをしなければならずそこでもまたお金がかかってしまいます。

金融機関としても万が一債務不履行になった時に取れる担保が欲しいと考えるため、不動産を担保にできる不動産融資を好んで認可していた時代もありました。しかし不動産投資は必ずしも成功するとは限りません。失敗する時は必ずあります。そのため不動産を担保とする場合であっても、金融機関が融資を安易に認可してくれることは以前よりも少なくなってしまいました。

一時期は「サラリーマン大家」という言葉が知られ副業として人気を博しましたが、上記のようなデメリットがあるため不動産投資の場合にも十分注意して投資を行う必要があります。

1-2.スマートデイズの顛末

サブリース事業で不動産投資にお金を費やすサラリーマンを増やしたスマートデイズは、2017年度3月期の時点で317億9,600万円を計上したこともありました。しかし翌年の2018年10月から提携する金融機関との契約状況が変わったこともあり、スマートデイズが手がける寄宿型シェアハウスの売れ行きが徐々に悪くなっていきます。

そうした状況を受けスマートデイズは2019年1月には、オーナーに対する家賃収入の支払いをストップさせてしまいます。このせいでスマートデイズはオーナー達への負債を含め60億3,500万円もの借金を抱えることになりました。そのうちオーナー達への負債は23億円にも上り、これにより家賃収入を未払いのまま放置された一部のオーナーが裁判で損害賠償を求める事態にまで発展してしまいました。

一時期はかなりの利益を上げ事業も軌道に乗っていたスマートデイズですが、ある時期の変調により一気に経営が傾きついには倒産するに至りました。ただこれはバブル期の不動産の動きと類似性があるとも言われており、バブル期を知ることでスマートデイズの倒産を招いた原因がより把握しやすくなります。

次章ではバブル期の不動産市場の動きについて解説します。

2.バブル期の不動産の動きとは

バブル期と言えば日本で最も好景気に沸いた時代として知られますが、実は1990年代のバブル崩壊直後には数多くの不動産会社が倒産しています。そして不動産会社が倒産するとともに、不動産投資に入れ込んでいた個人投資家達も同時に破綻したとされています。

スマートデイズの倒産とバブル期のこうした事情とは訳が違うようにも思えますが、「不動産の価格が高騰している時期に多額の借り入れをあえて行い、転売目的で物件の転売を繰り返した末に破綻を招いたこと」は共通しています。

バブル期の場合では当時値上がりしていた不動産を割高で転売するという方法で、不動産会社とそれに投資する個人投資家達は短期間にもかかわらずかなりの高額を稼ぎ出したとされています。しかしバブル期が長く続かなかったせいで、さらに多額の借り入れをして物件を数多く購入したことが直接的な原因となり借入金の返済が滞った不動産会社は倒産、不動産会社に投資していた個人投資家達もつられて破綻してしまいました。

不動産投資では家賃収入でそれなりの金額を稼ぎやすい可能性がある分、不況に陥った際のデメリットも大きく出やすいというハイリスクハイリターンの側面があります。そのため不動産投資で儲け話を持ちかけられたら自分の資産を最低限守れるよう、自らリスク管理の方法について学んでいかなければなりません。そのために不動産投資について学べるセミナーに参加するという方法もありますが、詳しくは後ほど紹介します。

 

3.不動産投資の稼げる仕組みとは

そんな不動産投資でおすすめのセミナーについて紹介する前に、この章で不動産投資の稼げる仕組みについて簡単にですがおさらいしておきます。

不動産投資では自分が所有する不動産を担保として金融機関からお金を借り、その元手で物件を購入するところから始まります。その購入した物件を別の誰かに貸すことで家賃収入を得ながら融資の返済に充てていくのが一般的なやり方であり、節税対策として不動産投資をする富裕層の人間というのもいます。

ただ不動産投資は稼げる一方で、「マンションの取引価格としての資産価値が上がるにつれて不動産の負債額そのものも上がってしまう」というデメリットもあります。こうした事情もあり不動産投資では価格が高騰したマンションや一戸建てが売れ残りやすく、不動産投資で稼ぐことはなかなか難しい部分もあるのです。それでは具体的にどのように対策していけばいいのでしょうか。

4.不動産投資でおすすめのセミナーとは

不動産投資で収入増を望む方の中にはさまざまな悩みを持つ方がいますが、お金のことで不安がある方ほどハイリスクハイリターンというイメージの強い不動産投資は手を出しにくいかもしれません。しかしこの記事でおすすめするセミナーを受ければ、不動産投資では稼げないと思っているあなたの考えそのものをガラッと覆してしまうはずです。

そのおすすめの不動産投資セミナーとは、「株式会社リヴトラスト」が手がけるマンション経営に関する不動産投資のセミナーです。不動産以外での投資方法では安全性をとるか収益性をとるかの二者択一を迫られることも多いですが、不動産投資の中でも特にマンション経営であれば収益性と安全性とのバランスを同時にとることができます。

4-1.マンション経営のメリット

リヴトラストが手がけるのは主にマンション経営ではありますが、マンション経営に投資するメリットしては以下のようなものがあります。

①節税効果が期待できる

②インフレ対策になる

③生命保険の代わりとして利用できる

④不労所得を年金としても活用できる

⑤自分の裁量で資産運用のスタイルを変えられる

リヴトラストのセミナーに参加してマンション経営に投資することで、専門知識がない方でも高収入を稼ぐことが可能です。またお金を増やす以外にも残す手段としての価値もあるため、マンション経営に投資するだけの価値は十分あると考えられます。

4-2.リヴトラストのメリットとは

前項ではマンション経営に投資するメリットを紹介しましたが、この項目ではリヴトラストを資産運用のパートナーとして選ぶメリットについて併せて紹介しておきます。

①個別に担当者が一名つく

②豊富な実績とノウハウがある

③一定の家賃保証システムがある

④賃貸業務を代行してもらえる

⑤集金代行システムがある

⑥社員全員が不動産投資のプロ

リヴトラストでは契約後まで充実したサポートが受けられるため、不動産投資で稼いだことのない方でも安心して挑戦することができます。

家賃保証と聞くと先程紹介したスマートデイズを彷彿とするかもしれませんが、リヴトラストには豊富な実績とノウハウという稼げる土台があります。好景気の時期に物件を無計画に多数購入させる夢物語のような儲け話ではなく、物件そのものがどれも魅力的なものばかりです。担当する社員についても知識や経験が豊富でなおかつ丁寧な態度で対応してくれるため、その点は信頼して任せることができるはずです。

リヴトラストの公式ホームページを見ると分かりますが、対応してくれた社員の方の人柄を見込んで不動産投資に挑戦することにしたという経験談もいくつかあります。不動産投資ではインターネットで調べるだけでは分からない要素というのも確かにあるので、そうした疑問点や不安点については実際に直接会って確かめてみることをおすすめします。

 

まとめ

不動産投資はハイリスクハイリターンというイメージも根強いですが、信頼できるパートナーさえ得られれば長期的に収入を稼げる投資方法にもなり得ます。ただ専門知識のない状態で挑むには少々ハードルが高いため、まずはリヴトラストのセミナーに参加して基礎的な知識を身につけるところから始めてみてはいかがでしょうか。