ファクタリング

2018/03/15

ファクタリングの手数料の相場とは?

 

はじめに

 

会社経営で資金繰りに困った時。

売掛金さえあれば、ファクタリング会社に「売掛債権を売却」することで、最短1日で現金化される心強い仕組みがファクタリングです。

 

ファクタリングの手数料はどれくらいなのでしょうか。

高い場合と、そこまででもない場合の開きがあるのはなぜ?

それはファクタリングの取引方法に2種類あるためです。

 

ファクタリングの取引方法「2社間取引」と「3社間取引」の特徴と、それぞれの手数料について検証します。

 

一章:ファクタリングの手数料

本章ではファクタリングの手数料について解説します。

 

「ファクタリングは手数料が高い」と言われますが、真実なのでしょうか。

一般的には銀行などの金融機関の利息よりは高い傾向です。

 

「銀行で融資を断られている」といった方には、多少の手数料を払ってでも早く売掛金を現金化したいという場合もあるかもしれません。

 

そこで、ファクタリングの手数料は「法外に」高いのか?といった疑問が浮かぶでしょう。

ここまでなら出せる、といった手数料の基準は、利用する方の感覚によって異なるかと思いますが、ファクタリングの手数料は、取引方法によってかなり開きがあります。

 

既に述べさせていただいたように、ファクタリングには「2者間取引」と「3者間取引」の2種類があります。ファクタリング会社から見て「リスクの低い取引方法」である「3者間取引」であれば、銀行などの金融機関で融資を受けた場合の利息より「少し高い」くらいでしょう。一刻も早く現金化したいと思っているなら、安いくらいだと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

ところが「2者間取引」というスタイルだと、利用する側には「取引先に知られない」というメリットが大きい反面、ファクタリング会社からは回収不能につながるリスクもあることから手数料は高くなります。

 

ただし「3者間取引」であっても、ファクタリング会社によっては登記をせずに費用を抑えるなどで、手数料が低めに設定されている場合もあります。

 

 

1-1 3社間ファクタリングと2社間ファクタリングの違い

 

ファクタリングの取引方法には「2社間取引」と「3社間取引」の2種類があります。

これらはどんな違いがあるのでしょうか。

 

まず「3社間取引」は、1.自社、2.ファクタリング会社、3.売掛先の3社で行われる取引です。

 

特徴としては取引に関わる全社の承諾を得る契約方法という点です。「売掛先」もファクタリングによる債権譲渡に合意しての取引になり、入金は売掛先から直接ファクタリング会社へ。回収の確実性も高まる取引方法です。

 

万が一、入金が行われなかった場合には、ファクタリング会社から直接、売掛先に請求できるため、回収不能のリスクが低く、手数料が低く抑えられる特徴もあります。

 

デメリットとしては「売掛先」の合意が必要となることです。

 

一般的に考えて「債権譲渡」というのはイレギュラーに感じるケースも多く、知らないファクタリング会社から「債権譲渡」の話を持ちかけられたら、二の足を踏む企業も多いのではないでしょうか。

 

合意が取れないばかりか、売掛先から「資金繰りに困っている」と言ったネガティブイメージを持たれて、今後の取引継続にも影響する可能性もあります。

 

もう一つの「2社間取引」は、1.自社 2.ファクタリング会社のみで行われる取引で、売掛先に対しては信用調査のみで通知はされません。

 

「2社間取引」売掛先には知られない、というメリットはありますが、ファクタリング会社にとっては回収不能のリスクも高まるため、3社間取引に比べて手数料が高くなります。

 

本章では主に「2者間取引」と「3者間取引」の違いと、各々の手数料の相場をお伝えします。また「なぜ手数料の差があるのか」などの疑問についても解説します。

 

1-2 3社間ファクタリングの手数料

売掛先も「債権譲渡」について合意していて、ファクタリング会社から売掛先に直接請求できる「3社間取引」では、ファクタリング会社のリスクも少ないため、手数料が比較的抑えられることが一般的です。

 

「3社間取引」の手数料は約1%~5%と、金融機関でビジネスローンを利用した場合の利息と大きな開きはなく、利用しやすいと言えます。

 

診療・介護などの関する医療報酬ファクタリングでは2社間取引ができないため、社会保険、国民保険に債権譲渡を通知する「3社間取引」が必須となります。

 

医療報酬ファクタリングでは、売掛先が一般企業ではないので、「3社間取引」でも風評やマイナスイメージにつながることはなく、今後の取引には影響しないのがメリットです。

また医療機関は回収不能リスクも低いため、手数料は3%以下であることがほとんど。

 

医療機関においては、ファクタリングを活用するデメリットが少なく、大きいメリットを享受できるのが特徴です。

1-3 2社間ファクタリングの手数料

一方、「2社間取引」は売掛先に知られないというメリットの代わりに、ファクタリング会社にとっては回収不能のリスクも高く、手数料は約10%~30%と高額になります。

 

それでも売掛先に知られることのデメリット、また合意をスムーズに得られない懸念から、半数以上の一般企業が高い手数料を払って「2社間取引」によるファクタリングを行っていると言われています。

 

また良心的なファクタリング会社であれば、この手数料には「債権譲渡登記の手数料」「印紙代」「事務手数料・紹介料」など、約15万円が含まれていることも多く、決して法外ではなくむしろ妥当と言えるでしょう。

 

30%近い手数料を払ってでも「早く売掛金を現金化したい」という時には、ファクタリングは有効な手段です。

二章:手数料の注目点

仕入れの資金、従業員の給料、運転資金、金融機関への返済など、事業での資金繰りに困っていると「とにかく今を切り抜けたい」と手数料は度外視で、資金調達を行ってしまいそうになります。

 

ですが、もともと余裕がない中で、経営を正常化するために、先々のことを考えて「手数料」といった小さく見える経費にも敏感になるようにしておきたいです。

 

ファクタリング会社の手数料表記で気をつけたいのは、経営者の皆さんが慣れている金融機関の「年率」とは単位が違うことです。

 

手数料のパーセンテージだけを見て、年利だと考えて「安い」と思うのが落とし穴。もっとも良心的なファクタリング会社であれば、きちんと説明してくれるはずですが、知っておくに越したことはありません。

 

本章ではファクタリングの手数料の見方や仕組み、注意点とともに手数料の相場や差がある理由を解説します。

 

2-1 年利に直したときの利率

銀行などのビジネスローンの利息は、通常年利で表記されています。

仮に10%の手数料で1ヶ月入金を早期化するファクタリングを利用したとすると、月の金利を10%とすると、年利に引き直したら120%になってしまいます。

一年利用し続けると、手数料だけで売掛の額を大きく超えてしまう事態になります。

長期で利用または繰り返し利用するには、特に手数料の高い2社間のファクタリングは不向きです。

あくまで「資金がショートしそうで、どうしてもピンチ」といった時に、キャッシュフローを健全に戻すための万が一の特効薬として利用するのが良いでしょう。

長期で日常的な資金調達であれば、金融機関のビジネスローンをお勧めします。

 

2-2 手数料は何故振れ幅があるのか

2社間取引の手数料は約10%〜30%と言われていますが、1割と3割では大きな違いです。このバッファは、どうして起こるのでしょうか。

最も大きい理由としては、利用金額の違いです。

手数料からファクタリング会社が払う必要経費として「債権譲渡登記の手数料」「印紙代」「事務手数料・紹介料」など約15万円が発生します。

売掛債権が1,000万円のようにある程度まとまった額であれば、手数料は10%でも100万円。必要経費を払っても、十分な利益が残ります。

ところが100万円といった売掛金が少ない場合は、30%でも手数料は30万円で必要経費を引くと利益はほとんど残りません。

2社間取引のファクタリング手数料に、約10%〜30%と幅があるのは、「回収の確度」「必要経費」「利用金額」の3つの要素を加味して総合的に決められるためです。

この3点がスコアリング的な要素としたら、データで測れない要素があります。

 

それはファクタリング会社が利用者に対する信用。

特に金融に関する取引は最終的には人への信用がものを言うので「顧客本人が信頼に値する人物か」も見逃せない要素となります。

 

良心的なファクタリング会社では、ほとんどが利用前に面談を実施しています。

こうした「顧客の人柄」を判断する際には、面談する担当者の印象によって手数料が左右される場合もありえます。

行き当たりばったりの経営や、ルーズな金銭感覚の経営者よりも、企業経営に真摯で借りたお金はきちんと返す誠意ある態度が見られる経営者の方が信頼されるでしょう。

 

面談ではこうした姿勢を担当者に伝えられるようにしたいですね。

本来、ファクタリング会社に日常的にお世話になるのは得策ではないのですが、複数回利用して、もちろんスムーズな取引実績があると交渉次第で手数料が減額してもらえる場合もあるようです。

 

 

2-3 ファクタリング手数料の相場

ファクタリング手数料の相場は2社間取引では、1000万円を超える高額利用では、相場の下限となる10%に近くなり、利用金額が低いと上限の30%に近くなります。

 

またそこに「売掛先に通知をしないリスク」「諸費用」「顧客本人への信用」などが勘案されます。

 

3社間取引の場合は、売掛先の合意を得ることで回収不能リスクが大きく下がるため、手数料の相場は約1〜5%と利用しやすい金額です。この場合も「利用金額」「諸費用」「顧客本人への信用」などは加味されて、手数料が決まるでしょう。

 

 

まとめ

売掛先の合意も得られる3社間取引のファクタリングであれば、手数料はそれほど高くはないのですが、「取引先に知られたくない」という点を重視すると、少額利用の場合は月単位で30%近い手数料が必要となってしまいます。

 

「今、目先を乗り切る」ためには一つの手段ですが、金融取引としては有利とは言い難いものです。

一方、最短一日で売掛金を現金化するファクタリングは、必要な時にはとても頼りになる仕組みです。

少しでも手数料を抑えるための工夫をしながら、ファクタリングを利用したいものですね。

できるだけ最短期間で返すことで手数料を抑える。

ファクタリング会社の担当者に誠意を持って想いを伝えて味方になってもらう。

そして、先に売掛先にマイナスイメージを与えないようにファクタリングを利用する相談をしておいて、手数料の安い3社間取引に持ち込むなど。

ファクタリングの仕組みを熟知して、できるだけ工夫することで損しない取引で健全な資金調達へと活かしていきましょう。

資金調達を確実に行うには多くの知識が必要になります。独学も経営の未来を支える大切な学び方ですが、専門家に相談することが正しい知識を身につける何よりの近道です。 

資金調達マスターでは、多種多様なお悩みにお答えする無料相談サービスを行っています。 

お申し込み方法も簡単ですので、資金調達についてお悩みの方は無料相談フォームよりお気軽にお問い合わせください。