ファクタリング

2018/05/23

プロパーローンの仕組みメリット・デメリットの解説

 

はじめに

皆さま、こんにちは。

この度はプロパーローンについて記事にしていきたいと思います。

どうぞ、宜しくお願い致します。

 

プロパーローンとは

さて、プロパーローンについて記事にしていくと言っても、肝心のその意味や内容を理解できなければ話になりません。

なので、一章ではプロパーローンの言葉の意味と、その内容について記していきたいと思います。

 

1-1 プロパーローンとは

 

では早速、プロパーローンという言葉の意味について考えていきましょう。

 

プロパーローンを英語に直すと、2つの単語に分けられます。「プロパー」は「特有の」、「ローン」は「貸すこと」です。

英語に直すことでイメージは掴めたでしょうか? いまあげた名の通りに、プロパーローンとは「特有のローン」という意味なのです。

 

一般的には、保証会社を介さず金融会社独自の審査・判断で融資の可否を決定し、貸し出すローンのことを指します。

 

 

1-2 プロパーローンの特徴

さて、ではプロパーローンの特徴というのはどういったものがあるのでしょう?

本章ではその根本的なことについて話していきます。

 

まずそもそもの話、「プロパーローン」と一般的に言ったとしてもピンとくる人は少ないでしょう。

皆さまももしかしたらご存じでなかった方もいらっしゃるかもしれません。

何故プロパーローンが普及していないかというと、現在では住宅取得や建設資金目的で行っている金融機関が非常に少なく、広告もほとんどされていないからです。

一般的に、よく使われる住宅ローンでは保証会社付の形態がほとんどであり、融資金融機関からすれば債務不履行リスクを移転できて、審査の労力を削減できるので、そちらの方がよく使われているのです。

そして、保証会社に関しても保証料収入が得られる為、両者にとって都合が良いこの形態が普及しています。

 

ですが、プロパーローンが駄目なわけではなく、良いところももちろんあります。

なぜならば、このプロパーローンをうまく活用できれば、通常の住宅ローンより有利に融資を受けられる場合があるからです。

個別審査の色合いが強い為、住宅ローンに比べて個人差が激しいですが、保証会社のローンがクリアできなかった場合などに使用してみてはどうでしょうか。

 

1-3 保証付き融資との違い

では、より具体的な保証付き融資との違いを上げていきましょう。

 

住宅ローンなどの保証会社の保証を付くものが融資の条件となっているものでは、ローン利用者が保証金を負担することになり、万が一返済が滞った場合は保険会社が金融機関への返済を立て替え、金融機関が確実に債務を回収できるようになっています。

もちろん、保証会社が金融機関への返済を立て替えてもローン利用者は保証会社に債務を返済することになりなります。

なので、ローン申し込みの際には、金融機関だけでなく保証会社の基準でも審査されます。

そして、同じ金融機関のローンであったとしても、保証会社の違いで借入条件が異なる場合があります。

 

一方、プロパーローンの場合は保証会社による保証はありません。それにより返済が滞った場合は金融機関がリスクを負います。

したがって保証会社の審査基準は適応されず、金融機関の基準がクリアできれば融資が認められることとなり、1-2で言った通りに、一般的な保証会社の保証付きのローンの審査をクリアできない時などによく利用されます。

 

2章 プロパー融資のメリットデメリット

では、1章で説明したことを踏まえて、2章では具体的にプロパーローンによるメリットとデメリットについて見ていきましょう。

 

2-1 プロパーローンのメリット

プロパーローンのメリットとしましてはやはり、先ほどから挙げている通り「保証会社の基準に関係なく審査されるところ」があります。

ここでは、何故保証会社の基準に関係なく審査された方が良いかという理由について説明していきます。

 

では、理由を挙げていく前に、一つ住宅ローン、別の名をアパートローンと言ったりもするこちらのローンについて前置きをしておきます。

皆さまもご存知かもしれませんが、アパートローンにはパッケージ化されている部分があり、融資交渉に不慣れな場合でも、比較的簡単に融資を受けることができます。

これは買う側からすれば融資の条件をある程度事前に把握することができ、大きなメリットとも言えます。

ですが、実はアパートローンは融資は受けやすいが家賃収入が返済原資として見なされないところがあるのです。

なので融資限界額年収によって制限されてしまいます。

この点が、個人で不動産投資を始めたは良いが規模の小さい資産規模のため、投資活動がストップしてしまう主な要因になっています。

 

これにより、不動産投資で資産規模を大きくしたいならば、アパートローンはあまり適していないことがわかります。

 

逆に、プロパーローンでは条件が厳しいところはありますが、審査が通ってしまえば保証料を払わずに済み、限界額も高いところがメリットです。

 

対象はやや事業者向けとなっているところがありますが、経営者や個人事業主などであるならば、融資交渉に慣れている点から見るとプロパーローンを利用した方が良く資産規模や獲得キャッシュフローを拡大させるならばプロパーローンを利用することをお勧めします。

 

 

2-2 プロパーローンのデメリット

デメリットとしましては、なんとプロパーローンでは通常の変動金利に1%足した金利で借り入れするのが相場となっています。

おおよそ1%後半から2%にかけての金利が予想されます。

 

この1%の金利は、有ると無いとではかなり違ってきます。たかが1%、されど1%です。

長期的な目で見れば、何百万もの差が出てくるはずです。

ですが、裏を返せば銀行はそれだけのリスクを背負って融資することになります。

 

そしてそのこともあってか、銀行独自の審査になるので、通常のローンより逆に審査が厳しくなる場合があります。

確かに、プロパーローンはメリットとして審査は甘くなりますが、あくまでそれは一般論の話であり、銀行の審査内容によって逆に厳しくなる場合もあります。

こればかりは審査してみなければわかりませんので、1つの銀行のプロパーローンだけではなく複数のプロパーローンで審査をすると良いでしょう。

 

審査期間はおよそ2週間~3週間ほどになります。

 

 

そして何よりも一番大事なこととしましては、連帯保証人が絶対に必要だということです。

 

プロパーローンは銀行が直接私たちに融資する商品です。

私たちが借り入れしたローンが払えなくなった場合はどうなるでしょうか?

もちろん、保証会社が保証してくれるわけはありません。

 

返済できない状態になった時、というのがプロパーローンの最大のリスクであり、デメリットです。

その為、銀行は少しでもリスクを回避するために、ローンの名義人以外に連帯保証人を立てる必要があります。

連帯保証人がいた場合は名義人が払えなくなっても請求することができますので。

 

主に名義人の身内が連帯保証人になる場合が多いです。

 

もし連帯保証人になるのが嫌なのであれば、プロパーローンは絶対に止めましょう。

 

 

ここまでのメリット、デメリットを見て、プロパーローンを使用すると決めた人に対してお勧めの方法をご紹介しておきます。

 

プロパーローンは長期的に少しずつ返済をしていくのは、正直言って勿体ないです。

先ほども言った通り、プロパーローンは金利がかなり高く、払えば払い続けるほどに損をしていきます。

 

なので、少しでも月々の支払額を減らしたいと思うならば、早期の借り換えをお勧めします。

それどころか、前提として考えておくと良いかもしれません。

借り換えの時期は、具体的には五年以内です。

なぜならば、個人信用情報に記載されている情報が五年周期に削除される場合があるからであります。

借り換えをする場合には、借り換え先のローン審査に合格することが必要です。

銀行によって審査の条件が違うかもしれませんが、借り換えの最安値は大抵借り換え前より安くなっているはずです。

ですがそれだけに審査が厳しく、通過することは困難でしょう。

審査を通すための方法としては、やはりローンに繰上げ返済ができるお金を貯めておくと良いです。

ここでの自己資金は実際にローンで使わない見せ金でも大丈夫なので、多く用意しておきましょう。

 

借り換え時の審査内容は自己資金比率、返済比率、皆さまの属性を見て審査します。

自己資金を持っているということで、最悪は繰り上げ返済で借金を減らせるというアピールポイントとなります。

 

借り入れから五年以内にある程度の自己資金を貯めておいて、借り換え先の銀行の審査を有利に進められるように計画を立ててプロパーローンを借りると良いでしょう。

 

 

まとめ

ここまでを記事にさせていただきましたが、プロパーローンメリットが多大であれば、デメリットも多大です。

借り入れする際はよく考えてから融資交渉に臨みましょう。

メリットとデメリットを理解しても、いざ決断するとなると足踏みしてしまう方も多いでしょう。独断に不安がある、専門家の意見を聞きたい方は、ぜひ資金調達マスターの無料相談サービスをご利用ください。 

専門家が企業のフェーズや業種、規模など総合的な観点からあなたに合ったご提案をさせていただきます。 

無料相談をご希望の方は、当サイトの無料相談フォームよりお申し込みください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

お問い合わせしてみる