ファクタリング

2019/08/01

運送業の資金繰り問題を解決するファクタリングという選択肢

はじめに

近年では通販サイトの利用率が上昇していることもあり、運送業の営業利益率は国内全体で黒字に転じていると言われています。しかし運送業で会社経営を行う下請け会社では業界全体の好景気とは関係なく、また経営者の方は厳しい資金繰りの状態に頭を抱えてしまうことも少なくありません。消費者の生活にかかせない物流を担う運送業ですが、一時的な資金繰りが上手くいかず会社経営が深刻な赤字に傾いてしまうという話もよく聞きます。

そんな厳しい局面に直面することの多い運送業界では、今より多くの会社がファクタリングを利用して資金調達を行うようになりました。この記事では運送業の資金繰り問題を解決するために、なぜファクタリングが選ばれているのかを解説しました。資金調達の方法に頭を悩ませがちな経営者の方ほど読んでほしい内容となっているので、ぜひ一度記事の内容に目を通してみてください。

 

1.運送業の現状とは

冒頭でも触れた通り、ネット通販の利用率に伴い物流業界全体では売上が上昇している傾向にあります。しかしどこの業界でも孫請け、日孫請けといった下請け会社は存在するもので、運送業についてもそれは同様です。

多くの中小企業が特定の取引先から継続的に仕事を受注していることが多いため、立場的に弱い状態で仕事を請け負っている場合も多いと言えます。また近年ではガソリン代が高騰していることもあり、燃料代の経費圧迫により利益率が下がることもしばしばあります。

ただ運送業に限らず下請け会社は取引先に仕事を貰って利益を上げているため、困窮している現状を伝え請負代金を賃上げしてもらうということもかなり難しいのが現状です。そのため下請け会社の利益率は実質的に低くなり、会社の資金繰りは常に危うい状態にある場合も少なくありません。

2.運送業の資金繰りが悪化する原因とは

運送業の下請け会社では上記のような理由により営業利益率が思うように上がらず、従業員達への給料の支払いもギリギリで行なっている会社というのも実際にあるほどです。そんな綱渡り状態になることが多い運送業の会社では、さらに資金繰りが悪化する原因がいくつか存在します。これはファクタリング利用を検討する会社が抱える悩みとも共通するものですが、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

2-1.繁忙期による運送コストの増大

販売業や製造業では「年末商戦」という言葉が使われるほど、12月の一時期というのはかなり売上が伸びやすくなってきます。運送業についてもそれは同様で、12月の年末商戦では仕事量が一気に増加することもよくある話です。

ただ仕事量が増加して増えるのは売上だけでなく、ガソリン代や高速道路の通行料などといった運送コストも増大してしまいます。また12月は道路が渋滞を起こすことも多くなるため、結果的に従業員の拘束時間が伸びて残業代が多くかさむ時期とも言えます。

2-2.車両事故や社用車の故障による突発的な出費

運送業では自社で所有するトラックなどの社用車を、従業員に貸し与える形で仕事を回します。そのためいつ車両事故が起こるか、社用車が故障してしまうかというアクシデントは予測できません。

運送業の一部では車両事故を起こした当人に、事故でかかった車両の修理代や相手方への慰謝料を支払わせるという悪質な会社も未だ残っています。ただそれ以外の会社については勤務中に起こった事故や故障の修理代を会社側で支払っているため、突発的な出費がかさみ経営が傾いてしまうこともしばしばあります。

2-3.掛金の長期支払いに対応できない

運送業でも掛金により報酬が支払われるため、取引先の会社によって掛金の支払い期日の設定はまちまちです。比較的短期間のうちに支払いを完了してくれる取引先ばかりとは限らず、長期的に支払いを待たされる場合というのも少なくありません。キャッシュフローに余裕のある会社ならばまだしも、カツカツの状態で資金繰りを行なっている下請け会社ではそうした事態にも対応できない場合があります。

運送業では上記のような理由でファクタリングの利用を検討する会社が多いと言えます。仕事量が増えてコストがかさむ時期もある一方で、取り扱う商品の閑散期の影響で仕事量が減少してしまい売上自体が下がってしまうこともあります。

仕事量の増減が多く会社のキャッシュにも波がある業界であるからこそ、資金調達の方法について知ることは会社経営を立て直す突破口を開くことと同義と言えるでしょう。

 

3.運送業で人気のファクタリングとは何か

この記事を読んでいる方の多くが、ファクタリングという方法についてあまり知らないことと思います。この章では運送業でファクタリングがなぜ人気なのかを解説する前に、まずはファクタリングがどういった仕組みで行われる資金調達の方法であるのかという部分から解説していきます。

3-1.ファクタリングにも2種類ある

ファクタリングについて端的に紹介しておくと、自社で所有する売掛債権を債権譲渡することで現金化する方法のことを指します。債権譲渡するのはファクタリング会社と言われる専門会社であり、さらに言えばファクタリングでは実際に方法が2種類存在します。

①2社間ファクタリング

自社とファクタリング会社とで取引を完結させる方法のことで、この場合は取引先に秘密厳守となります。ファクタリングした事実を伏せることができる一方で、後述する3社間に比べると利用手数料が少し割高に設定されています。

②3社間ファクタリング

自社とファクタリング会社だけでなく、売掛先である取引先を含めた3社間でファクタリングを行う方法となります。利用手数料は安く設定されている一方で、ファクタリングした事実が取引先に知られることになるため、場合によっては今後の仕事に影響を来すリスクがあります。また3社間ファクタリングでは取引先の同意がなければ行えないというデメリットもあります。

3-2.ファクタリングのメリット

自社所有の売掛債権を現金化することで資金調達できるファクタリングですが、実際に利用するにあたりどのようなメリットが存在するのでしょうか。

①早期に資金調達できる

ファクタリングでは売掛債権の支払い期日より早く資金調達できるため、会社経営が傾いておりどうにか資金調達して立て直したい場合にも有効です。

②お金を返済しなくていい

ファクタリングは融資の場合と違い、お金を借りて資金調達する訳ではありません。そのため毎月の返済に用立てるお金を確保する苦労もなく、ファクタリングで得たお金については最大限活用することができます。

③審査に通過しやすい

ファクタリング会社のそれぞれが取り扱う売掛債権について条件を提示しているものの、売掛先の信用力があれば審査に通過しやすいというメリットがあります。また会社経営が赤字の場合にも利用可能なファクタリング会社もあり、いざという時の資金調達としてもってこいです。

④売掛先が倒産してもお咎めなし

仮にファクタリング会社に債権譲渡した売掛先が倒産した場合であっても、利用会社が手に入れたお金を返済する義務はありません。そのため会社経営が危うく売掛先が倒産する可能性が高いと判断できる場合にも、ファクタリングを利用すれば売掛金の一部を回収することができます。

3-3.ファクタリングのデメリット

それに対してファクタリングのデメリットとしては、以下のようなものがあります。

①売掛金の全額が手に入る訳ではない

ファクタリング最大のデメリットとしては、売掛金の全額が手に入らないということが挙げられます。ファクタリングではどちらの方法を選択するにせよ、利用手数料がかかります。3社間よりも2社間の方が割高に設定されており、最大30%を支払う必要があります。

②ファクタリングした事実を知られてしまう

特に3社間ファクタリングの場合に言えることですが、ファクタリングした事実を取引先に知られることで、今後の仕事に悪影響を及ぼすリスクがあります。「ファクタリングしなければならないほど資金繰りが危うい」と思われかねないため、取引してまだ間もない会社とは3社間ファクタリングしない方が賢明な場合もあります。

上記のようなメリットとデメリットが存在するファクタリングですが、運送業の会社に人気の資金調達の方法として知名度が上がりつつあります。それではなぜ、ファクタリングが運送業者から人気を集めているのでしょうか。

4.運送業でファクタリングがなぜ人気なのか

運送業では緊急時にファクタリングを利用する会社はもちろん、継続的に利用している会社も実は少なくありません。ファクタリングが運送業で人気の理由としては、以下のようなものがあります。

4-1.緊急時にも対応できる

ファクタリングをつなぎ資金として利用する運送業の会社も多く、車両の事故や故障にもスピーディに対応できることが魅力でもあります。中型車両以上では法人保険に加入しなければならず、保険料が高くついてしまいがちです。保険料を捻出する場合や、スタッフの確保にかかるコストや車両の修理代にファクタリングのお金を充てる会社も多いです。

4-2.高額の設備投資にも充てられる

運送業では車両の代替や修理代でかなり高額の資金が出ていきます。車両を保管するための倉庫などにも維持費がかかり、運送業の会社全体として高額の設備投資が要求されがちです。利益が安定的に上がっていれば銀行融資も利用しやすいですが、そうではない場合であればファクタリングでの資金調達が確実です。

 

まとめ

運送業者では売掛金の支払いが会社の規模によっても異なり、大手企業が元請けの場合にはさらに支払い期間が間延びしてしまうことは否めません。そのため不安定な入金サイクルを調整するためにファクタリングを利用する運送会社が多く、それだけ確実性の高い方法であることがうかがえます。

銀行融資が受けられない、あるいは短期間のうちに経営を立て直したいという経営者の方はこの機会にファクタリングという選択肢について、真剣に検討してみるといいでしょう。